640831a912f84ba8779a57c1ea865294
農林水産省のごはん日記

クリエイティブ・クッキング・バトルの結果は…?

2019/09/20 11:25 イベント くらし

こんにちは。

先日ブログで紹介したクリエイティブ・クッキング・バトル!

https://maff.cookpad-blog.jp/articles/451061


農林水産省チームが参戦してきました。今日は本番の様子をレポートします。


9月17日 闘いの日

会場はクックパッド株式会社。

机の上には各チームが持ち寄ったお家で使いきれなかった食材がずらり。きっとこれらは捨てられてしまったであろう食材たち。どんな料理に生まれ変わるのか楽しみです。


それぞれの食材に余った理由が書かれています。写真左上、しいたけの隣のちりめんには、「魚がかわいいので、食べられなかった」と書いてありました。完全にツッコミ待ちです。


こんな感じでMCのクック井上。さんが食材とプレーヤーをいじってくれます。





生鮮食品は、参加者が持ってこられないので、大会主催者が用意してくれます。





これらの食材を4チームが奪い合います。皆さん闘志がみなぎっていますね。


そして、仁義なき食材争奪戦からバトルがスタートしました。いい年した大人たちが結構ガチで走ってます笑


ここで獲得した食材を元に、どういうコンセプトでどんな料理作るのか考えていきます。ちなみにどのチームにも選ばれなかった食材は各チームに強制配布されるのですが、農林水産省チームには、そうめんが配られました。


調理時間は45分しかないため、みんなハイスピードで動きます。





農林水産省チームは、今回参加チームの中で、ダントツでサポーターが多かったです。国家公務員って恐いですね笑

そして何が出来上がったのか?

調理開始から45分後…農林水産省チームが作った料理がこちら

上が「カラフル和風にょっき」…そうめんをニョッキにして野菜あんをかけてます。

左下は、「あげないコロッケ」…ふかして潰し丸めたジャガイモの周りにゆかりがまぶしてあります。揚げてないけどコロッケのサクサクを再現してヘルシー。

右下は、「ほうじ茶プリン」…ほうじ茶味の飴と豆腐でプリン仕立てに。


ちなみに他のチームもかなり美味しそうな料理を作っていました。

農林水産省チームがいじわるで用意した「エイリアンラーメン」という奇妙な食品が、鱈にまぶされ生まれ変わっていました。しかも絶句するほどの美味しさ。逆手に取られました。



もうこれはフレンチですよね??





こんな感じでどのチームの料理もレベルが高い!!!果たして農林水産省チームの運命は?


結果発表

採点のポイントは

①おいしさ(味)

②料理の見た目(美しさ)

③工夫のアイディア(創造性)

④生ゴミの量(使い切り)

特に③と④の配点が高いので、ここで高得点を取るのが勝負の決め手


結果は…

残念ながら2位!予選通過はなりませんでした。しかし、創造性ではまさかの1位。公務員のお堅いイメージは払拭できたのではないでしょうか!(目的違いますが)そして生ゴミは24gしか出てませんでした。勝負の決め手で高得点だったのに料理の本質部分で惨敗…






ちなみに1位のチームは、農林水産省チームのエイリアンラーメンを強制配布されたところ。料理のコンセプトが「ハロウィーン」だったので、勢いを与えてしまいました…

みんな負けて悲しそう?ですね。

最後に

今回、このイベントに参加して感じたのが、「食べられる部分って多い!」ということ。いつも家で捨てられている部分がとても美味しい料理に生まれ変わっていて驚きました。今後、食ロスを減らすためにも、今まで捨ててしまっていた部分も工夫して料理しようと思いました。

今大会は予選通過できませんでしたが、来年も気合十分で参加したいと思います!


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください